女性ならではの「プチ不調」

エスエス製薬が主催となって女性にとって身近な「プチ不調」の原因や症状、対処法などを紹介するセミナーが行われたそうです。
セミナーの講師には産婦人科医としても活躍されている対馬ルリ子氏。
対馬氏は「女性は、日常的に気分や体調がすぐれなかったり、生理周期による不調など、病気ではないけれどなんとなく調子が悪い人がたくさんいます」と説明されたそうです。
「プチ不調」の具体例としては「痛み」「不調」「眠り」「メンタル」「疲労、肩こり、冷え、むくみ」でこれらの主な原因は「女性ホルモンの働き」「生理」「ストレス」が関係しているそうです。
セルフケアとしては「我慢しない事」だそうです。
我慢することで我慢することで日常生活に悪影響が出るケースもあるため、まずは原因を把握し、痛み止めを利用するなど、自分でできるケアは自分で行うことが大事なんだそうです。
私は生理痛などの痛みはほとんどないものの、精神的な面では不安定になりやすいタイプで、生理前後はいつも周囲に気を使わせてしまい申し訳なくなっています。
主人にも「この先、生理だからと子供たちに当り散らさないように」と釘を刺されてしまっているくらいです。
女性として生まれた宿命なのでしょうが少しでも軽く出来たらいいですよね。
不調を直すためにはセレカで借り入れして病院に通うのもおすすめです。
情報の詳細はセレカ増額コンシェル※必見!静岡銀行の審査に通るポイントこちらのサイトです。